PRODUCT INFO 製品情報

走行性能も、環境性能も、世界レベル。いすゞが誇るディーゼル技術がここにある。

いすゞ自動車の歴史は、ディーゼルエンジンの歴史と言っても過言ではありません。1936年、自動車用ディーゼルエンジンである「DA6型」を完成させて以来、直接噴射式燃焼室、本格的電子制御など、世界に先駆けた技術を次々に発表。いすゞ自動車が誇る大型・中型・小型のトラックや各種バスには、つねに時代の最先端をゆくディーゼルエンジンが搭載されています。低燃費や耐久性、経済効率といった商用車には欠かせない性能はもちろん、軽量化や排出ガスのクリーン化など、今日的な問題解決にも貢献するディーゼルエンジン。CO2排出量が少なく、環境負荷の少ないいすゞ自動車のディーゼルエンジンは、いまも世界中から大きな期待を受けています。

大型トラック

大型トラック&トラクタシリーズ「GIGA(ギガ)」。4バックエアサスペンション、機械式フルオートマチックトランスミッション「スムーサー G」、先進視覚サポート技術「VAT」などの採用により、コスト低減や安全性向上にも対応しています。

中型トラック

1970年に登場した中型トラック「FORWORD(フォワード)」。幹線輸送、都市内配送、さまざまな工事、作業など幅広い用途に対応しています。高品質輸送を実現する4バックエアサスペンション車、搭載効率を高めたショートキャブ車など豊富なバリエーションが揃っています。

小型トラック

1959年に登場した、日本を代表する小型トラックのトップブランド「ELF(エルフ)」。日本だけでなく、世界中でベストセラーとしての地位を確立。最新技術の継続投入により、経済性・安全性・耐久信頼性すべてにおいて高評価を得ています。

バス

大型観光バス「GALA(ガーラ)」、大型路線バス「ERGA(エルガ)」、さらにマイクロバス「JOURNEY(ジャーニー)」などなど、ラインナップの豊富なバスシリーズ。使用シーンに合わせて、ノンステップ/ワンステップ、セーフティテクノロジーなど、カスタマイズできるのも特徴です。

CNG(圧縮天然ガス)車・HYBRID(ディーゼルハイブリッド)車

商用トラックではじめて「ポスト新長期排出ガス規制」に適合したCNG(圧縮天然ガス)車、国内トラックで初採用となるリチウムイオンバッテリー搭載のハイブリッド車など、いすゞ独自の低公害トラックも続々展開中。すぐれた燃費と静粛性、クリーンなガス排出など、パワーや耐久性以外でも注目を集めています。

ディーゼルエンジンの仕組み

ガソリンエンジンと比べて、低燃費、低排出ガスといった利点を持つディーゼルエンジン。いまや、新車販売の50%はディーゼルエンジン搭載車だと言われるヨーロッパをはじめ、世界中で、その性能が評価されています。その特徴は、熱効率の良さ。いすゞ自動車の次世代ディーゼルエンジン「D-CORE」シリーズでは、燃焼最適化技術、排出ガス後処理技術、電子抑制技術といった先進テクノロジーを駆使し、ハイパワーでありながら、低排出ガス、低燃費を同時に実現。世界トップレベルの地位を守り続けています。

いすゞの歴史

1916年 創業(国内現存自動車メーカーで最古)
1922年 「ウーズレー A9型」国産第一号乗用車完成
1949年 社名を「いすゞ自動車株式会社」に変更
1953年 乗用車「ヒルマン発売」
1959年 小型トラック「エルフ」発売
1961年 乗用車「ベレル」発売
1963年 乗用車「ベレット」発売
1966年 中型トラック「TY(フォワード)」発売
1974年 乗用車「ジェミニ」発売
1994年 大型トラック「ギガ」発売
1996年 大型観光バス「ガーラ」発売
2000年 大型路線バス「エルガ」発売
  • ヒルマン MKⅡ ヒルマン MKⅡ
  • 初代エルフ 初代エルフ
  • 初代フォワード 初代フォワード
  • 初代ギガ 初代ギガ